1人では覚えるのが難しい着物の着付け方を着付け教室で学ぼう

着付け教室で学ぶことで自分で着物が身につけられる

女性

様々な場面で使われる着物

日本では昔から着物を身につける習慣があります。しかし、着付けを自分達でおこなうことができる人は減少しているとされています。書道家や俳句などを携わるプロも、普段は作業がしやすい格好でも、式典などの際には着物を正装として考えていることがあります。冠婚葬祭などでも使われる着物の着付け方法は、覚えておいても損はしません。

着付け教室で学ぶ事

女性

足袋の履き方

着付け教室では着物の着付けだけでなく、正しい足袋の履き方も学ぶことができます。身だしなみは足元からといわれるほど、人は相手の足元を気にするといわれています。そのため、正しい足袋の履き方を学び、美しい足元を演出します。

肌着の着付け方

着物の下に見つける肌着には、汗を吸い取るなどの役割があります。また、上下で分かれているタイプもあれば、ワンピースタイプのものもあります。自分が身に着けやすい肌着を選ぶことで、下着が浮いたりすることを防げます。

長襦袢の着付け方

長襦袢とは、着物の下から身につける衣類になります。この長襦袢が綺麗に着付けられていないと、その上から羽織る形になる着物も着崩れを起こしてしまいます。自分に合った長襦袢を見つけることで、着物を綺麗に身につけることができます。

普段着の着付け方

着物には様々な種類があります。中には普段着として使用することができる軽めの生地で作られた着物もあります。着物に使われる生地が変わると、着付けの方法も若干の変動があります。そういった種類別の着付け方法も、着付け教室では学べます。